KAKURA(カクラ)革箱入りウッドパズル “三角”

KAKURA(カクラ)TOP > 全商品一覧 > 素材から選ぶ > > KAKURA(カクラ)革箱入りウッドパズル “三角”




創造力を磨く

革箱入りウッドパズル“三角”

メガネ
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル
ウッドパズル

KAKURA×木工作家・粂川悟志氏のとことん手仕事プロジェクト。

30個の三角の木のピースは、ブナ材とウォールナット材の無垢の板から切り出し、9辺を丁寧に磨いて仕上げています。
集中力を高める積み上げる遊びや、並べて図柄を作るノートレ、また将棋くずしのような複数人数での遊びにも。

KAKURA×木工作家・粂川悟志氏のとことん手仕事プロジェクト。

30個の三角の木のピースは、ブナ材とウォールナット材の無垢の板から切り出し、9辺を丁寧に磨いて仕上げています。
集中力を高める積み上げる遊びや、並べて図柄を作るノートレ、また将棋くずしのような複数人数での遊びにも。

KAKURA×木工作家・粂川悟志氏のとことん手仕事プロジェクト。

30個の三角の木のピースは、ブナ材とウォールナット材の無垢の板から切り出し、9辺を丁寧に磨いて仕上げています。
集中力を高める積み上げる遊びや、並べて図柄を作るノートレ、また将棋くずしのような複数人数での遊びにも。

KAKURA×木工作家・粂川悟志氏のとことん手仕事プロジェクト。

30個の三角の木のピースは、ブナ材とウォールナット材の無垢の板から切り出し、9辺を丁寧に磨いて仕上げています。
集中力を高める積み上げる遊びや、並べて図柄を作るノートレ、また将棋くずしのような複数人数での遊びにも。

KAKURA×木工作家・粂川悟志氏のとことん手仕事プロジェクト。

30個の三角の木のピースは、ブナ材とウォールナット材の無垢の板から切り出し、9辺を丁寧に磨いて仕上げています。
集中力を高める積み上げる遊びや、並べて図柄を作るノートレ、また将棋くずしのような複数人数での遊びにも。

KAKURA×木工作家・粂川悟志氏のとことん手仕事プロジェクト。

30個の三角の木のピースは、ブナ材とウォールナット材の無垢の板から切り出し、9辺を丁寧に磨いて仕上げています。
集中力を高める積み上げる遊びや、並べて図柄を作るノートレ、また将棋くずしのような複数人数での遊びにも。

パズルをインテリアとして飾り、レザーボックスを小物入れや煙草ケースとして
活用することもできます。

巻き留めている革紐は、取り外せるので蓋の穴に通す指先のトレーニングにも。
12個の蓋の穴は2色のピースの中央にくるようデザインしています。

パズルをインテリアとして飾り、レザーボックスを小物入れや煙草ケースとして
活用することもできます。

巻き留めている革紐は、取り外せるので蓋の穴に通す指先のトレーニングにも。
12個の蓋の穴は2色のピースの中央にくるようデザインしています。

パズルをインテリアとして飾り、レザーボックスを小物入れや煙草ケースとして
活用することもできます。

巻き留めている革紐は、取り外せるので蓋の穴に通す指先のトレーニングにも。
12個の蓋の穴は2色のピースの中央にくるようデザインしています。

パズルをインテリアとして飾り、レザーボックスを小物入れや煙草ケースとして
活用することもできます。

巻き留めている革紐は、取り外せるので蓋の穴に通す指先のトレーニングにも。
12個の蓋の穴は2色のピースの中央にくるようデザインしています。

※ 小さい画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

革箱入りウッドパズル“三角”

・カラー : アンティークブラウン/ナチュラル
・サイズ : 収納時 約W75×H110×厚み40mm
・重さ : 約115g
・素材 : 牛革・ウォールナット材・ブナ材
・対象年齢:5歳〜大人まで

KAKURA(カクラ)革箱入りウッドパズル “三角”

KAKURA(カクラ)
革箱入りウッドパズル “三角”

商品番号 gd572

11,000円(本体価格:10,000円)

カラー
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

型番 LG

その他のゲーム・パズル

素材・つくりについて

  • 厳選したナチュラル仕上げの牛革を使用

    KAKURAではエコ基準をクリアした、革本来の表情を活かしたナチュラル仕上げの牛革を中心に使っています。
    加工工程を必要最小限にとどめ、軽さと風合いを楽しむために裏革は一切貼りません。
    代わりに裏面にふ糊を刷毛塗りし、毛羽立ちを抑えています。

  • ひとつひとつ手仕事で仕上げる

    革の断裁から手縫いでの縫い上げまで、ほぼすべての行程をKAKURAの工房で行います。それぞれの製品に合った厚みにすいた牛革を表面裏面とじっくり見極め、製品の部品を切り出します。
    手縫い用の縫い穴を革槌を使って開け、しっかりロウを引いた太い糸で縫い上げます。
    冬の気温の低い室内ではロウが固くなり、縫いに力のいる作業でもあります。

関連コンテンツ