KAKURA(カクラ)TOP > アイテムから選ぶ > ペンケース

手縫いレザーペンケース 3種類

用途に合わせて選べる3タイプ

手縫いレザーペンケース 3種類

丈夫な手縫いレザーで筆記具を包み込むデザイン

紐巻きペンケース futae

厚さ1.5mmのしっかりとした一枚もののナチュラル仕上げの牛革を使っています。縫製はマチ部分のみなので、使い込むほどに中に入れたペンに馴染んできます。
マチの縫製はKAKURA独自の摘みデザインです。

・サイズ : W55×H200×厚み25mm
・重さ : 約50g
・素材 : 牛革

バリエーションはこちら >>

手縫いレザーペンケース 3種類

マチのないシンプルな一巻きタイプ

紐巻きペンケース hitoe

厚さ1mmに漉いた革を使い、紙のように軽いのが特徴です。
万年筆やボールペンなど、短めの筆記具に。長い鉛筆は入りません。
カバンの隙間やジャケットの内ポケットに。

・サイズ : 約W47×H185×厚み13mm
・重さ:約25g
・素材 : 牛革

バリエーションはこちら >>

手縫いレザーペンケース 3種類

革×陶器のデザインが印象的な巾着タイプ

ソフトレザーバッグ slim
M・L・ペンサイズ

革×陶器のデザインが印象的な巾着タイプ。
万年筆1本入り用のサイズやボールペンなど、入れたいペンに合わせてお選びいただけます。
・サイズ : 約W44×H180〜W80×H210mm
・重さ:約13〜25g
・素材 : 牛革・信楽黒泥土

バリエーションはこちら >>

素材・製法について

  • 厳選したナチュラル仕上げの牛革を使用

    KAKURAではエコ基準をクリアした、革本来の表情を生かしたナチュラル仕上げの牛革を中心に使っています。
    加工工程を必要最小限にとどめ、軽さと風合いを楽しむために裏革は一切貼りません。
    代わりに裏面にふ糊を刷毛塗りし、毛羽立ちを抑えています。

  • ひとつひとつ手仕事で仕上げる

    革の断裁から手縫いでの縫い上げまで、ほぼすべての行程をKAKURAの工房で行います。それぞれの製品に合った厚みにすいた牛革を表面裏面とじっくり見極め、製品の部品を切り出します。
    手縫い用の縫い穴を革槌を使って開け、しっかりロウを引いた太い糸で縫い上げます。 冬の気温の低い室内ではロウが固くなり、縫いに力のいる作業でもあります。

紐巻きペンケース futae バリエーション