KAKURA(カクラ)TOP > 全商品一覧 > 革の表情

革の表情について

KAKURA 革の表情

エコ基準をクリアした、革本来の表情を隠さないナチュラル仕上げの牛革を中心に使っています。
生きた動物から得られた自然素材なので、牛の生涯が革の表情となって現れます。
均一な美しさとは違った味わい深い素材として、その魅力を味わっていただけたら嬉しいです。

<血筋=ちすじ>

皮膚の下の血管の痕。天然皮革だけにみられます。
現れ方には個体差があり、多いものや少ないものなど一定ではありません。
葉脈のように枝分かれしてみえたり、点々と飛び飛びで現れたりと様々な表情があります。
銀面(表面)にはうっすらとした凹みとして現れ、床面(裏面)にはやや割れを感じるスジのように現れます。

<トラ>

シワやたるみなどを平らに伸ばした痕。
生きていた時によく動かしていた首や肩などの部分に多く見られ、
虎の模様のように、何本も並行した筋の模様となって現れます。
亀裂や傷みはなく、柔軟性のある部分ともいえます。
銀面にすこし凹みが見えるものから、細かな筋模様に見えるものなど様々な現れ方があります。

<バラ傷>

生きていた時に、柵や樹木などで引っ掻いた時にできた傷が痕として残ったもの。
個体の性格や育った場所によっても、傷の大きさや量は様々です。
中には大きな凹みとして現れるものもありますが、強度に問題がなく、目立つ場所でなければ、製品に取り入れています。