KAKURA(カクラ)ペンホルダー付き A6レザー手帳カバー ノートカバー

KAKURA(カクラ)TOP > アイテムから選ぶ > レザーノートカバー > KAKURA(カクラ)A6レザー手帳カバー アンティークブラウン

一目ずつ手縫いで仕上げた手帳カバー

A6レザー手帳カバー
アンティークブラウン

ほぼ日手帳・NOLTYや高橋書店・フランクリンプランナーなどの
A6・文庫本サイズの手帳カバーとして。 もちろんノートカバーとしても。
使うほどに手に馴染み、革の成長を愉しむことができるオトナ向けの手帳カバー。
シンプルな中に“わくわくする使い心地”を仕掛けました。

しっとりやわらかなオイルヌメ革を<br>たっぷり手のひらに感じて。
バインダーリング
ホック留め
ファスナーポケット
サイドポケットとカードポケット
裏地のピッグスウェード
ペンホルダー
バインダーリング

高級感あふれる本革ノートカバー

革の自然な風合いを感じるナチュラル仕上げ。
エコ基準をクリアした製法で鞣され、染めているので、本物の良さが伝わります。

高級感あふれる本革ノートカバー

革の自然な風合いを感じるナチュラル仕上げ。
エコ基準をクリアした製法で鞣され、染めているので、本物の良さが伝わります。

上質な牛革を贅沢に使用

革を継ぎ足さず、完全な一枚革仕様なので、とても贅沢。
0.9〜1.0mmの厚さに漉くことで、軽く仕上げています。

スライド式のペンホルダー

一枚革だから可能な完全収納できるペンホルダー。
KAKURA独自のデザインです。

シンプルながら機能的なデザイン

名刺やクリップ、付箋など、片側3辺、両側で4辺のスリットポケットに収納。資料や案内状なども挟み込むことができます。

シンプルながら機能的なデザイン

名刺やクリップ、付箋など、片側3辺、両側で4辺のスリットポケットに収納。資料や案内状なども挟み込むことができます。

カバンに忍ばせやすいA6サイズ

コンパクトで持ち運び安さが人気のA6サイズ。
手に包み込めるサイズ感が人気の理由です。

手切りのしおり紐

使用中のページに挟めるしおり紐つき。
マンスリーとデイリー用にしおり紐は2本。アクセントの飾りボタンも牛革です。

手切りのしおり紐

使用中のページに挟めるしおり紐つき。
マンスリーとデイリー用にしおり紐は2本。アクセントの飾りボタンも牛革です。

※ 小さい画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

A6レザー手帳カバー アンティークブラウン

カラー : アンティークブラウン茶糸
セミオーダーカラー : アンティークブラウン白糸
本体サイズ : 約H160xW118×厚さ8mm
対応ノートサイズ : A6 H149xW105mmx厚み5〜14mmまで対応
重さ : 約50g
素材 : 牛革
スライド式ペンホルダー×1
カードポケット×4
*カードポケットには名刺以外に付箋やクリップなどの収納ができます。
*15mm以上のノートにお使いの場合は特注仕様で見積りの上製作いたします。
 備考欄にノートの厚みをご記入ください。

KAKURA ONLINE SHOP限定

糸色のセミオーダーカラーは、受注生産となり約1週間程度の製作日数をいただきます。
お届け希望日に間に合わない可能性がありますので、お急ぎの場合はご注文時の備考欄へその旨ご記入下さい。
ご注文後に正式なお届け日をご連絡いたします。
詳しくはこちら>>

名入れオーダー承ります

  • 一文字ずつ手作業で刻印を入れていきます。
    刻印文字/A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z . ,
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    使用書体/明朝系の大文字アルファベット
    文字の大きさ/文字天地3mm(やや小さめの書体です)
    刻印を入れる場所/特にご指定のない場合はこちらで推奨場所にお入れしますが、ご希望があればご意見欄にご記入ください。

    詳しくはこちら

KAKURA(カクラ)A6レザー手帳カバー アンティークブラウン

KAKURA(カクラ)
A6レザー手帳カバー アンティークブラウン

商品番号 LS053ABR

7,000円(消費税込:7,560円)

カラー
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

A6レザー手帳カバーのカラーバリエーション

その他のノートカバー

素材・つくりについて

  • 厳選したナチュラル仕上げの牛革を使用

    KAKURAではエコ基準をクリアした、革本来の表情を生かしたナチュラル仕上げの牛革を中心に使っています。
    加工工程を必要最小限にとどめ、軽さと風合いを楽しむために裏革は一切貼りません。
    代わりに裏面にふ糊を刷毛塗りし、毛羽立ちを抑えています。

  • ひとつひとつ手仕事で仕上げる

    革の断裁から手縫いでの縫い上げまで、ほぼすべての行程をKAKURAの工房で行います。それぞれの製品に合った厚みにすいた牛革を表面裏面とじっくり見極め、製品の部品を切り出します。
    手縫い用の縫い穴を革槌を使って開け、しっかりロウを引いた太い糸で縫い上げます。 冬の気温の低い室内ではロウが固くなり、縫いに力のいる作業でもあります。

関連コンテンツ