KAKURA(カクラ)牛革 紐巻きペンケース hitoe urushiブラック

KAKURA(カクラ)TOP > 全商品一覧 > 素材から選ぶ > > KAKURA(カクラ)紐巻きペンケース hitoe urushiブラック

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

紐巻きペンケース hitoe
urushiブラック

革の厚さを約1.0mmにした、紙のように軽い牛革ペンケース。
かばんの隙間や胸ポケットに、ほぼペンのみの重さで持ち歩けます。
太い蝋引き糸でしっかりと手縫いで仕上げています。

しっとりやわらかなオイルヌメ革を<br>たっぷり手のひらに感じて。
ホック留め
ファスナーポケット
ファスナーポケット
ファスナーポケット
ファスナーポケット
ファスナーポケット

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

マチのない、シンプルな一巻きタイプ。

使うほどに革が柔らかく馴染み、握りしめるとペンの形を感じるようになります。マチがないのですっきりとコンパクト。
3〜4本のペン、15cm定規も入ります。

※ 小さい画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

紐巻きペンケース hitoe urushiブラック

・カラー : ブラック×レッド
・サイズ : 約W47×H185×厚み13mm
・重さ : 約25g
・素材 : 牛革

*革の裏面は軽さを重視し、あえて別革を貼っていません
*手縫い仕上げ
*縫い直しなどのメンテナンス対応可

KAKURA ONLINE SHOP限定

糸色のセミオーダーカラーは、受注生産となり約1週間程度の製作日数をいただきます。
お届け希望日に間に合わない可能性がありますので、お急ぎの場合はご注文時の備考欄へその旨ご記入下さい。
ご注文後に正式なお届け日をご連絡いたします。
詳しくはこちら>>

名入れオーダー承ります

  • 一文字ずつ手作業で刻印を入れていきます。
    刻印文字 : A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z . ,
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    使用書体 : 明朝系の大文字アルファベット
    文字の大きさ : 文字天地3mm(やや小さめの書体です)
    刻印場所 : 特にご指定のない場合はこちらで推奨場所にお入れしますが、
    ご希望があればご意見欄にご記入ください。

    詳しくはこちら

KAKURA(カクラ)<br />ペンケース“MAKI” urushiブラック

KAKURA(カクラ)
紐巻きペンケース hitoe
urushiブラック

商品番号 LS033UBK

3,800円(消費税込:4,104円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

型番 LS033UBK

カラーバリエーション

素材・つくりについて

  • 厳選したナチュラル仕上げの牛革を使用

    KAKURAではエコ基準をクリアした、革本来の表情を活かしたナチュラル仕上げの牛革を中心に使っています。
    加工工程を必要最小限にとどめ、軽さと風合いを楽しむために裏革は一切貼りません。
    代わりに裏面にふ糊を刷毛塗りし、毛羽立ちを抑えています。

  • ひとつひとつ手仕事で仕上げる

    革の断裁から手縫いでの縫い上げまで、ほぼすべての行程をKAKURAの工房で行います。それぞれの製品に合った厚みにすいた牛革を表面裏面とじっくり見極め、製品の部品を切り出します。
    手縫い用の縫い穴を革槌を使って開け、しっかりロウを引いた太い糸で縫い上げます。
    冬の気温の低い室内ではロウが固くなり、縫いに力のいる作業でもあります。

関連コンテンツ