KAKURA(カクラ)TOP > ウォレット特集

KAKURAのウォレットのデザインは、「こんな収納の方法はいかがでしょう」「こんな使い方も楽しいですよ」といった、使い方の提案が込められています。もともと「お財布は作らない!」と決めていたデザイナー石原、世の中にこれほど多くの財布が出まわっている中で、KAKURAが作る必要があるのか?と思っていたのです。“上着のポケットに入り、お札もカードもコインも収納できて軽いものを”と工房に来られたお客様に懇願され、試行錯誤を繰り返し完成した新たな構造。革の裏と表の使い分けで面白いものになりました。
自分で育てるウォレットたち、ぜひご覧ください。

金具を一切使わず、お札は縦に入れてコンパクトに

蓋の中のコインケース部分は封筒のイメージ。(「竹綴じ封筒」をご覧ください)
マチを設けるのではなく、革が3枚重なっている部分を立体的に縫い上げることでコインの収納枚数を多くできました。
コインは革紐をしっかり巻き留めることで落ちない設計です。

価格 9,000円(税抜)〜

たっぷり入る封筒型のコインケース

一枚革を立体になるよう、手縫いで縫い上げています。
コインの取り出し口の中心をあえて縫い合わせず、指が入りやすい設計。くるくると革紐で巻き留めるだけで、コインは落ちません。
形がやや丸くなるほど、とにかくたっぷりと入ります。

価格 3,500円(税抜)〜

通帳・紙幣・カード・パスポートに使えるレザーケース

機能を最優先に考えた、必用最小限のデザインにしました。
鞄からすっと出せてすっとしまえる。
最大6〜8枚の通帳や1万円札50枚分は収納可能です。

価格 9,000円(税抜)〜

関連コンテンツ